英語に直接的な「お疲れ様です」という意味のフレーズが無いのはご存知でしたか?日本のビジネスシーンでは会社の上司や同僚に出会ったら「お疲れ様です」と言いますよね。挨拶として使うこの「お疲れ様です」を英語でなんて言えばいいか分からない!そう思ったことはありませんか?日本語で日常的に使う「お疲れ様です」の代わりとなるような英語表現をご紹介します。実はHi、Hello、How are youなどがお疲れ様の意味で使えたりとシチュエーションによって使い分けられるフレーズがたくさんあるので覚えて使ってみましょう!

軽い挨拶で使えるフレーズ

会社で上司や同僚とすれ違った時に軽く挨拶として使える「お疲れ様です」のフレーズ。

Hi / Hello

=こんにちは / やあ

挨拶として声をかけることで「お疲れ様」の意味を含ませることができます。

How’s it going?

=最近どう?/ 順調?/ 元気?

How are you?

=元気にしてる?/ 最近どう?

軽い挨拶としてこちらもよく使われるフレーズです。How are you?と聞かれた時の返事の仕方はこちらの記事でご紹介しております。

 

What’s up?

=よ!/ 元気?

非常にカジュアルなフレーズで友達同士の軽い挨拶として使われます。「よっ!」ぐらいのノリなので日本人で言うところの友人同士の「お疲れ〜!」のノリで使えます。

相手を労うフレーズ

ビジネスシーンで大きなプレゼンテーションを終えた後や会社で何か結果を成し遂げた人に対して言える労いの気持ちを込めた「お疲れ様」フレーズをご紹介します。

Good job./ Well done

=頑張ったね、よくやった

「お疲れ様、よくやった!」という労いの意味で使われます。

Thank you for 〜

=〜してくれてありがとう、助かったよ

例: Thanks for filing all the documents.
(資料をファイリングしてくれてありがとう。)

You must be tired.

=疲れたでしょ

「さぞかし大変だったでしょ、お疲れ様」という意味で相手を労うフレーズです。

仕事終わりの挨拶

See you tomorrow.

=また明日ね

「お疲れ様、また明日ね!」という別れの挨拶で使えるフレーズです。

Have a nice weekend

=良い週末を

金曜日に言う場合は「お疲れ様!良い週末を。」というフレーズが使えます。

メールで伝える「お疲れ様」

日本語のメールで絶対に使われる言葉が「お疲れ様です」という定型文ですよね。本当にあれが必要なのか…は一旦置いておいて(笑)。英語でのメールのやりとりで「お疲れ様です」と相手に伝えるフレーズをご紹介します。

Hi / Hello /Dear

=こんにちは

英語のメール文は基本的にこの文章でスタートします。日本の「お疲れ様です、〜です」のような意味合いで挨拶として使われます。初めてメールを送る相手の場合は、HelloやDear〜からスタートする方がフォーマルです。

Hope you are doing well.

=ご健勝のことと存じます

「お疲れさまです」や「お世話になっております」と言う意味を含んだフレーズとして使うことができます。

まとめ

「お疲れ様」フレーズいかがでしたか?
英語でのお疲れ様は基本的に挨拶フレーズとして私たちにも聞き覚えのあるものが使われるので覚えるのは大変ではないかと思います。実際に海外ドラマ『スーツ』の中でも会社内ですれ違うシーンが多々出てきますが、基本的にはHiと言って挨拶をしています。ビジネスシーンが出てくるドラマでもシチュエーション別のフレーズがたくさん出てくるので確認して勉強してみるのも良いと思います。

【Hulu】スーツ シーズン1第1話の視聴はコチラ


▼おすすめの記事はコチラ▼




たった2カ月で伝わる英語が身に付く!【レアジョブ本気塾】

世界32カ国から探せる語学留学予約サイトSchool With


コメントお待ちしております^^