「英語には敬語が無いんだよ〜」
なんて思ってる人はいませんか?

ちょっと待った!
実は英語にも敬語表現があります!

でも全く心配しなくて大丈夫。
日本語ほど種類があるような複雑な形式だった敬語はありません。

会社の上司が外国人の方や、将来的に海外で働きたいと思っている人は、英語の敬語、いわゆる丁寧なフレーズも覚えておくことをおすすめします。

ビジネスシーンでちゃんと丁寧なフレーズを使える人は好印象を与えることが出来ますよ♪

 丁寧な英語での相手の呼び方

 丁寧な英語での相手の呼び方

英語ってカジュアルに話しかけちゃって良いんでしょ!
なんて思っていませんか?

英語にもビジネス上のマナーや目上の人への丁寧な表現はあります。

日本語で言うところの
「〜様」などといった呼び名の丁寧な呼び方が英語にもあるのを知っていますか?

sir / ma’amを使った英語表現

相手の名前が分からない場合は

“sir” “ma’am”

を使うと丁寧な英語の呼び方になります。

男性に使うのが”Sir”

男性に対しては “sir” が使われます。
「イエッサー!」
敬礼をしながら軍隊の人が言っているイメージが強いですよね。

実際には男性に対する敬意を表した英語表現として使われる丁寧なフレーズです。海外旅行に行くと店員さんやホテルのスタッフの方が男性に向かって

May I help you sir?
(何かお困りでしょうか?)

などと声を掛けているのを見かける事があるかと思います。

女性に使うのが”ma’am”

女性に対しては “ma’am” が使われます。

“ma’am” は発音で何となく分かるかと思いますが、 “madam” の口語的な言い方で、「マーム」と発音します。

May I help you ma’am?
(何かお困りでしょうか?)

私もアメリカで「マーム」と何回も呼ばれましたが、何だか慣れないですよね。
すごく高貴でお金もちなイメージを想像しちゃうので笑。

実はこの “ma’am” という呼び方を「おばさん」と認識する人もいるので“ma’am”と呼ばれたことに対して失礼だと思う人もいるので気をつけましょう。

基本的にはMrs.〜など名前で呼ぶ呼び方が女性には無難かもしれませんね。

カジュアルな英語と丁寧な英語の比較

カジュアルな英語と丁寧な英語の比較

”Pass me the water”
(水を取って)

を例文に使って様々な言い方でまとめてみました。

見てお分かりの通り、ちょっとした言い方の違いでとても失礼に聞こえてしまったり、逆に丁寧で好印象を与えられるものもありますよね。

失礼に聞こえるような英語を話すよりは丁寧な方が確実に良いので覚えていきましょう。

丁寧度(低い)

・Water.
(水。(取って))

・Pass me  the water.
(お水取って。)

・Please pass me the water.
(水取ってください。)

・Will you pass me the water?
(水取ってくれる?)

・Can you pass me the water?
(水取ってくれますか?)

・Would you pass me the water?
(水を取って頂けますか。)

・Could you pass me the water?
(水を取って頂けますか。(可能ですか))

 ・Could you please pass me the water?
(水を取って頂けますか、お願いします。)

・Could you possibly pass me the water?
(出来たら水を取って渡して頂けますでしょうか?)

・I wonder if you could pass me  the water.
(水を取って頂けたらと思うのですが)

・Would you mind if I ask you to pass me the water?
(水を取ってくださいとお願いしても気を悪くされないでしょうか?)

丁寧度(高い)

文章が長くなるにつれて丁寧な英語表現になっていますね。

日本語でも
「水取って」
って言うのと
「水を取って頂けますか」
って言われるのでは全然印象が違いますよね(笑)。

自分が言われた時に気持ち良い言い方を相手にもしましょう。

Could とWouldの違いって何?

比較を見て、

Could you 〜と Would you 〜

で始まる文章の違いがイマイチピンときていない人も多いのでは?

一見同じように思いますが、微妙にニュアンスが違うので理解しておくとスムーズに使い分ける事が出来るようになりますよ♪

Could you

=〜する事は可能ですか、できますか

Can=〜する事が出来る、可能
の過去形を使って丁寧な表現をするフレーズ

“Could you~?”
相手が物理的に「〜する事が可能かどうか」を尋ねています。

※相手にその意思があるかどうかは聞いていません。

例文:
A:Could you tell me where the station is?
(駅がどこか教えて頂けますか?(可能ですか))

B:Sure!No problem.
(もちろんよ。)

例文:
A:Could you be my friend?
(友達になってくれますか?(可能ですか))

B:I could and I would like to be your friend!
(可能ですし、友達になりたいです!)

相手の意思とは関係なく可能かどうかを聞いています。

Would you

=〜してくれますか?

Will=〜するつもりである
の過去形を使って丁寧な表現をするフレーズ

“Would you~?”
お願いしたい事を相手が物理的に出来る状況だと分かっている時に
「〜して頂けますか」と意思確認をするニュアンスで使います。

※相手にその意思があるかを確認するようなフレーズです。

例文:
A:Would you close the door?
(ドアを閉めてくれますか?)

B:Sure.
(もちろん。)

“Could you 〜?”
「相手が物理的にできるか、可能かどうか」を聞いているのに対して、

“Would you 〜?”
「相手にその意思があるか」を聞いているという事を頭に入れておきましょう!

だからと言って、
「ここでCouldを使うのは違う!」
となるほどの大きな違いではないので”Could you” と”Would you”は深く考えすぎずに使って良い丁寧フレーズです。

ビジネスシーンで使える丁寧な英語表現

ビジネスシーンで使える丁寧な英語表現

シーン別のビジネスシーンで使える丁寧な英語フレーズをご紹介!

フォーマルで丁寧な自己紹介の英語表現

例文:

Hi, I’m Moepi. Pleasure to meet you.
(もえぴです。よろしくお願いします。)

Hi, I’m John. My pleasure too.
(ジョンです。こちらこそよろしくお願いします。)

“Pleasure to meet you”

 “Pleased to meet you

はより丁寧でフォーマルな表現
というニュアンスを持っています。

Pleasure
=光栄、喜び

目上の人や尊敬している人などに使える丁寧な英語表現です。
フォーマルなシーンで使うと相手に良い印象を与えることが出来ます♪

▼自己紹介で使えるフレーズまとめました▼


 

仕事をお願いしたい時の丁寧な英語表現

友達ではなく、仕事仲間へのお願いなので
ここでもCould you、Would youを使って丁寧な表現をしましょう。

例文:

A:Moepi, could you give me the documents by 7pm? Thanks.
(資料を7時までにもらえますか?ありがとう、よろしくお願いします。)

B:Sure. I’m working on it right now!
(もちろん。今まさにやってます!)

例文:

A:Moepi, would you be in charge of the new employee training project.
(もえぴ、新卒研修プロジェクトの担当になってもらえますか?)

B:Absolutely! It was my dream to be in that team.
(ぜひ!新卒プロジェクトに入るのが夢でした。)

Can you〜、Will you
を使ってももちろん良いのですが、
Could you、Would youの方が丁寧に相手にお願いをするニュアンスを表現する事ができます。

▼「お願いします」の英語表現をまとめました▼

 

英語で名刺交換をする時の丁寧な英語表現

初対面、ましてやビジネスで今後やりとりをするかもしれない人とのファーストコンタクトなので丁寧な英語のフレーズを使いましょう。

例文:

・Let me give you my business card.
(私の名刺をお渡しします。)

・Could I have your business card?
(名刺を頂戴しても良いでしょうか?)

・May I have your business card?
(名刺を頂戴しても良いでしょうか?)

ビジネスシーンでの大事な名刺交換や自己紹介の英会話は丁寧に好印象を持ってもらえるよう失礼の無いように言えるようにしましょう。

第一印象でその後の関係性も良好になるかが決まりますよ♪

▼名刺交換で使えるフレーズまとめました▼

 

ありがとう」の丁寧な英語表現

appreciate

を使う時は感謝する対象は「何」であって「誰」ではありません。

I appreciate youとは言わないのでご注意を!
appreciateの後に「何に感謝しているのか」を入れましょう。

例文:

I appreciate your kindness.
(あなたの親切に感謝します)

I appreciate your help.
(手伝ってくれてありがとう。)

I appreciate you taught me how to get to the station.
(駅への行き方を教えてくれて感謝してます。)

I really appreciate it.
(とても感謝してます。)

Grateful

=感謝する

例文:

I am grateful for your kindness.
(あなたの親切に感謝します)

I’m grateful for your help.
(手伝ってくれて感謝しています。)

I am grateful to you for taking me to New York.
(ニューヨークに連れて行ってくれたことを感謝しています。)

▼「ありがとう」の英語フレーズまとめました▼

 

「良いですね」の丁寧な英語表現

ビジネスシーンでカジュアルになりすぎないように丁寧に相手に共感したい時の英語フレーズをご紹介します。

・That’s a great idea!
(とっても良い案だと思います。)

・Sounds perfect!
(すごくいいですね!)

例文:

A:We are thinking of expanding our office all over the world in the future. Globalization is the key right?
(将来的には世界中にオフィスを構えたいと思っている。今後はグローバル化が鍵だろ?)

B:Absolutely. That’s a great idea.
(間違いないです。いい案ですね)

まとめ

いかがでしたか?

実は英語にも丁寧な表現があるということがお分かり頂けましたでしょうか。
Could you
Would you

の口語表現はどちらを使っても良いので状況に合わせて使い分けてみてくださいね♪
そこまで細かく「丁寧にしなければ!」
と心配するほどではありませんよ♪

まずはベーシックな英語表現をマスターしましょう!

▼おすすめの記事はコチラ▼





世界32カ国から探せる語学留学予約サイトSchool With

英語学習の新定番!スタディサプリ ENGLISH

【Hulu】今なら2週間無料トライアル実施中





コメントお待ちしております^^