挨拶と同じぐらい頻繁に使うのが
「ありがとう」
というフレーズ。

外国人は感謝の気持ちや思ったことをしっかりと伝えるので私たちも感謝の気持ちは伝えられるようにしておきましょう。

具体的に何に対して感謝しているかを伝えたり、心から感謝しているという気持ちの大きさを表すにはどのようなフレーズがあるかご存知ですか?

お決まりのThank youばかりではなく他にもフレーがあるので小慣れ英語を使って会話を楽しみましょう♪

本記事では自分が人に対して感謝の気持ちを伝える時のフレーズと共に、相手から感謝された時の返事のフレーズもご紹介します。

ベーシックな「ありがとう」の英語表現

まずはベーシックな
「ありがとう」
を伝える英語フレーズを見ていきましょう!

 

Thank you.

=ありがとう。

Thanks.

=カジュアルなありがとう。友達向けに使うもの。

Thanks a lot.

=本当にありがとう
※thanksより更に大きい感謝が伝わります。)

Thank you very much. 

=どうもありがとう、どうもありがとうございます。
※より丁寧に感謝しているイメージです。

Thank you so much.

=どうもありがとう、どうもありがとうございます。

Thanks anyway.

=とにかくありがとう。

もっと具体的に「ありがとう」を伝える英語表現

Thank you for +(動詞+ing)

Thank you
というフレーズにさらに具体的に何に対して感謝しているかを伝えられるフレーズがこちら。

Thank you+for+現在進行形の動詞(ingがつく)

例文:
Thank you for inviting me to the party.
(パーティーに招待してくれてありがとう。)

例文:
Thank you for giving me  advice.
(アドバイスをくれてありがとう。)

Thank you for everything

=何から何までありがとう。
※everything(全部)が付くので何から何まで全てに感謝しているという意味で使われます。

Thank you以外の「ありがとう」の英語表現

ど定番のThank you以外にも
「ありがとう」
の意味で使われるフレーズがあるのをご存知ですか?

I appreciate〜

=感謝する

appreciate
を使う時は感謝する対象は「何」であって「誰」ではありません。

I appreciate youとは言わないのでご注意を!
appreciateの後に「何に感謝しているのか」を入れましょう。

例:I appreciate your kindness.
(あなたの親切に感謝します)

例:I appreciate your help.
(手伝ってくれてありがとう。)

例:I appreciate you taught me how to get to the station.
(駅への行き方を教えてくれて感謝してます。)

例:I really appreciate it.
(とても感謝してます。)

Grateful

=感謝する

例:I am grateful for your kindness.
(あなたの親切に感謝します)

例:I’m grateful for your help.
(手伝ってくれて感謝しています。)

例:I am grateful to you for taking me to New York.
(ニューヨークに連れて行ってくれたことを感謝しています。)

「ありがとう」に対する返事の英語表現

逆に「ありがとう」
と言われた時の「どういたしまして」という返事のフレーズをご紹介します。

You’re welcome. 

=どういたしまして。

No worries. / No problem.

=気にしないで、心配ないよ。

It’s my pleasure.

=礼を言うべきはこちらです、どういたしまして、こちらこそ

まとめ

いかがでしたか?

今回はベーシックな
「ありがとう」
フレーズから更に詳しく感謝を伝えられるフレーズまでご紹介しました。

今後英語を話す上で日常でもビジネスシーンでもはたまた恋愛シーンでも「ありがとう」を伝えることが多々あると思うので、thank youのみならず更に気持ちを伝えられるように使い分けてみてくださいね♪

▼おすすめの記事はコチラ▼




世界32カ国から探せる語学留学予約サイトSchool With

英語学習の新定番!スタディサプリ ENGLISH

【Hulu】今なら2週間無料トライアル実施中

コメントお待ちしております^^