Hi guys!もえぴです!

今回の記事では海外のカフェやお店に言った時の注文時に使えるフレーズをご紹介します。

海外旅行へ行ったとき、スターバックスなどのカフェで注文をしたいのに
「あれ、やばいなんて言えば良いんだっけ」
なんて急に心配になることってありませんか?

かっこよく
「アイスコーヒー1つください」
って言ってコーヒー片手に新聞持って街を闊歩したいじゃないですか!

サングラスかけながらかっこよく入店したのに注文がど下手くそだったら超かっこ悪いのでしっかりフレーズを覚えましょうね!

お店に入った時の挨拶フレーズ

日本でもお店に入ると「いらっしゃいませ」
と言ってくれるように海外でもお店に入ると店員さんが「Hi!」と明るく話しかけてきます。

日本では「いらっしゃいませ」に対して何か返事をすることってあまり無いですが、海外では「Hi!」にこちらも明るく返事をするのがマナーです♪

(店員さん)
Hi, how are you?

Hi, How’s it going?
(こんにちは。お元気ですか?)

Hi, I’m good, thank you. How are you?
Hi, I’m ok, thank you. How about you?
Hi, great, thank you. yourself?
(こんにちは、いい感じです。ありがとう、あなたは?)

(店員さん)
I’m good too, thank you. Let me know if you need anything.

(私もいい感じです。ありがとう。何か必要だったら教えてくださいね。)

Thank you! Actually, I’m looking for a orange shirt which I can wear for halloween.
(ありがとうございます!ハロウィンに着れるようなオレンジのシャツを探してるんだけどある?)

店員さんに注文を聞かれるときのフレーズ

What can I get for you today?

=今日は、何に致しましょうか?

★Get=基本的に注文する時はgetを使って「〜をください」と表現します。

What can I get you ?

=ご注文は何にされますか?

What would you like to order?

=ご注文は何にされますか?

Are you ready to order?

=ご注文はお決まりですか?

大体はこの4つのどれかが使われます。
注文をする時はGetを使うということを覚えておきましょう!

注文をするときのフレーズ

Can I get a 〜

=〜をください。

例文:Can I get one small size hot chocolate ?
(スモールサイズのホットココアを1つください。)

■もえぴコメント:
海外ではココアはホットチョコレートと言うよ!
海外のココアは尋常じゃなく甘いので要注意。脳みそ溶けるでー!

Could I get〜

=〜をください。(canよりも丁寧です)

例文:Can I get one hot dog without pickles?
(ホットドッグをピクルス抜きで1つください。)
■もえぴコメント:
嫌いな具材を抜いてほしい場合はwithout〜を使います。
私はピクルスが嫌いなので基本的にこのフレーズを使って抜いてもらってます。
なんかピクルスって嫌な酸っぱさじゃないですか?笑

I would like 〜

=〜を頂けますか。

例文:I would like one tall size iced coffee.
(トールサイズのアイスコーヒーを1つください。)
■もえぴコメント:
アイスコーヒーはice coffeeではなくiced coffeeなのでご注意を!
私はコーヒー自体が飲めないのですが、海外に行くとかっこつけて頼みたくなります。結局「にげっ!」ってなってミルクと砂糖をぶち込みます。(今は慢性胃腸炎のためカフェイン断食半年目に入りました。)

May I have a glass of water too?

=あとお水も頂けますか?


例文:I would like one tall size iced coffee.and may I have a glass(cup) of water too?

(トールサイズのアイスコーヒーを1つください。あとお水も頂けますか?)
■もえぴコメント:
お水は誰もが追加で頼みたいものなのでこのフレーズは覚えておきましょう!

・一杯の場合はmay I have a glass of water
・二杯以上の場合はmay I have 2 glasses  of water

という風にglassがglassesと複数系になります。

注文後店員さんが使うフレーズ

anything else?

=他にご注文はございますか?

例文:I would like one tall size iced coffee.
(トールサイズのアイスコーヒーを1つください。)店員:Anything else?
(他にご注文はございますか?)自分:That’s it./ And a slice of cheese cake please.
(以上です。/後チーズケーキを一切れください。)

■もえぴコメント:
これは日本でも聞かれるので大丈夫かとは思いますが、
That’s it
これが覚えておいた方が良いフレーズです。スピーチをしたり何か意見を言った後に「以上です」なんて言う時もこのフレーズを使います♪

For here or to go?

=店内でお召し上がりでしょうか?それともお持ち帰りでしょうか?

例文:Can I get one small size hot chocolate ?
(スモールサイズのホットココアを1つください。)店員:Sure. for here or to go?
(かしこまりました。店内でお召し上がりでしょうか?それともお持ち帰りでしょうか?)自分:To go please.
(持ち帰りでお願いします。)

■もえぴコメント:
これは必ず聞かれます!
テイクアウトではなくTo goと言うのでお間違えのないように!
カタカナ英語で「テイクアウト」って言ってしまうと
ダサいぞ〜気を付けてね!

会計時のフレーズ

Your total is〜

=合計で〜円です。

例文:Can I get one small size hot chocolate ?
(スモールサイズのホットココアを1つください。)店員:Sure. for here or to go?
(かしこまりました。店内でお召し上がりでしょうか?それともお持ち帰りでしょうか?)

自分:To go please.
(持ち帰りでお願いします。)

店員:Okay, so your total is $3.80.
(OK. 以上で合計3.80ドルよ。)

自分:Can I use credit card?
(クレジットカードは使えますか?)

店員:Sure.
(もちろん。)

自分:Then, Credit please.
(それじゃクレジットでお願いします。)

店員:Please sign your name. Would you like your receipt?
(サインをお願いします。レシートはいりますか?)

自分:No thanks.
(いいえ、結構です。)

■もえぴコメント:
ナゲーよ!
って思ったみなさん、肩の力を抜いてください。
この一連の会話が終わればやっとドリンクを飲めますよ。
意外と簡単でしょ?超変わり者じゃない限りみんなこのフレーズを使うので、覚えておくとその場で焦らずに済みます。

まとめ

いかがでしたか?

今回紹介した定番フレーズを使えばカフェでの注文もさらっと頼めちゃう人になれますよ♪
基本的にカフェの店員さんは愛想が良いのでぜひ笑顔で会話を楽しんでみてくださいね!