アメリカのカリフォルニアに留学をしていた時に、
大学生の友達を夕食に誘ったところ

I’m Down!
(アイム ダウン)

と言われました。

皆さん、これってどういう意味か分かりますか?

私は当時意味を知らなかったので、

「体調がダウンのダウン?」
「ダウンってネガティブな感じするんだけど…」
「テンション下がるわ的なこと?」
「私断られた?!」
「笑顔で断るとか怖いんですけど。」

など色々な被害妄想を繰り広げました。

これはネイティブが使うフレーズなので、
ぜひ覚えて行きましょう!

I’m downの意味

=「良いね!/賛成です/〜しましょう/やりましょう」などの意味

このフレーズはアメリカの若者がよく使ういわゆる若者言葉らしいです。

例文①:

A:How about getting pizza tonight?
(今夜ピザ食べるのはどう?)

B:I’m down!
(そうしよう!)

例文②:

A:I’m down to go shopping today.
(今日買い物行きたい)

B:Which mall are you going?
(どのモールに行くの?)

このように、

Down to =〜したい

という使い方もします。

I’m up for it/thatも同じ意味で使う

=「良いね!/賛成です/〜しましょう/やりましょう」などの意味

アメリカの“I’m down”ではなく、
イギリスなどではこっちのフレーズが使われるそうです。

例文①:

A:Are you up for 合コン tonight?
(今夜あるけどどう?)

B:I’m not in the mood.
(そんな気分になれないや。)

Up for =〜したい

まとめ

いかがでしたか?

一見ネガティブに思ってしまうフレーズが実はポジティブな
意味で使われるなんてびっくりですよね。

アメリカの若者が使う”I’m down”フレーズ、
みなさまもかっこよく使いこなしちゃってくださいね♪

コメントお待ちしております。

▼おすすめの記事はコチラ▼





世界32カ国から探せる語学留学予約サイトSchool With

英語学習の新定番!スタディサプリ ENGLISH

【Hulu】今なら2週間無料トライアル実施中





コメントお待ちしております^^