最近はカタカナ英語を使うことがとても多くなりましたよね。
特にビジネスシーンでもIT用語としてカタカナ英語、というかそのまま英単語を使うことが増えましたよね。

そこで気になるのが「実際の発音」ですよね。
今回は英語では発音が違うカタカナ英語第一弾!
英語だと通じないカタカナ英語があるので間違えないように抑えておきましょう!日本人が間違えやすいトリッキーなカタカナ英語を紹介していきたいと思います♪

Youtube動画を使って発音を一緒に覚えてみてください♪

1 日本語:マラソン 英語:Marathon

音節   mar・a・thon
発音記号 mˈærəθὰn(米国英語)

マラソンという言葉ですが、これはあくまでカタカナ英語発音です。
英語だとthの発音をしっかり発音しなければなりません。

※もえぴチェックポイント
marathonは競技の「マラソン」として使います。
健康維持や趣味で走ることはjoggingという言葉で表します。
発音を間違えやすいカタカナ英語!英語だと発音が違うカタカナ英語5選

2 日本語:アルコール 英語:Alcohol

音節   al・co・hol
発音記号 ˈælkəh`ɔːl(米国英語)ˈælkəhɒl(英国英語)

アルコールというカタカナ英語ですが実は英語発音だと、アルコホールという発音になります。

※もえぴチェックポイント
酒飲みのことを英語ではAlcoholicと言います。
めちゃめちゃ働く人のことをワーカホリックって言いますよね。それのお酒版ですw
発音に注意すべきカタカナ英語!間違えやすいカタカナ英語5選

3 日本語:チョコレート 英語:Chocolate

音節   choc・o・late
発音記号 tʃάk(ə)lət(米国英語)tʃˈɔːkə)lət(英国英語)

チョコレートというカタカナ英語が染み付いていませんか?実が英語発音だと少し発音が違います。
チョックレッのような発音です。

youtubeの動画を見ながら発音を一緒に練習してみてくださいね♪

※もえぴチェックポイント
海外ではココアのことをHot chocolate(ホットチョコレート)と言います。
なんでココアってカタカナ英語が生まれたんだろう…ややこしいですね。
そして海外のココアはほぼチョコレートってぐらい甘くてびっくりしますよね…
発音を間違えやすいカタカナ英語!チョコレートの英語発音

4 日本語:コーヒー 英語:Coffee

音節   cof・fee
発音記号 kˈɔːfi(米国英語)kˈɔfi(英国英語)

コーヒーという英単語もかなりトリッキーですよね。
発音的にはコーヒーではなくカフィという感じになります。

※もえぴチェックポイント
アイスコーヒーは英語で言う場合はIced coffee(アイスッドゥカフィ)になります。
カフェで頼む時は間違えないように気をつけましょう♪
英語で間違えやすいカタカナ英語!コーヒーの英語発音

5 日本語:テーマ 英語:Theme

音節   theme
発音記号 θíːm(米国英語)

テーマという単語も日常的に使うカタカナ英語ですが、英語発音ではthをしっかり発音します。

※もえぴチェックポイント
thの発音は日本人にとっては難しい発音と言われています。
上の歯と下の歯の間に舌を入れ、舌足らずな喋り方を意識してthの練習をしてみると案外うまく行きますよ♪
発音を間違えやすいカタカナ英語!英語だと発音が違うカタカナ英語5選

 

まとめ

いかがでしたか?
日常的に使っているカタカナ英語ですが、ネイティブによる英語発音だとちょっと違った発音になるものがたくさんあります。カタカナ英語のまま使うと伝わらないことも多いのでぜひ英語発音も練習してみてくださいね♪

動画で一緒にカタカナ英語の発音練習

Youtube動画を使って発音も一緒に覚えてみてください♪

英語学習の新定番!スタディサプリ ENGLISH



カタール航空で人気の世界都市へお出かけください。