英語でも日本語でも会話をする上で大事なことは何と言っても
「リアクション」
ですよね。

これは言語関係なく共通すること。

「そうなんだ!」
「確かにね」
「すごい!」

などの相槌をちゃんと取ってくれる人って話してて楽しいし魅力的ですよね。
リアクションが取れる人って本当にモテるんですよ(本気)

本記事では、ネイティブもよく使う
英語の必須リアクション(相槌)フレーズ
を例文とともにご紹介します。

日本人は割とリアクションが薄い方かなと思いますが、外国人と話す時は大げさなぐらいのリアクションを取るとどんどん会話が盛り上がりますよ♪

これで英会話を楽しめるようになること間違いなし!

英語でも使える相槌、「さしすせそ」の法則

英語の相槌フレーズ、「さしすせそ」の法則でモテ英語

「さしすせそ」の法則ってご存知ですか?

いわゆるモテフレーズなんです。

「これって英語でも通用するの?」
と思った方良い質問です。

これ全て英語でも通用します!

可愛くてテンションの高いリアクションは英語でもかなり好まれるので「さしすせそ」の法則に従って英語の勉強をしていきましょう。

「さすがですね」の英語表現

1つ目が相手を持ち上げるフレーズ
「さすがですね」

・I knew you could do it.
(さすが!あなたなら出来ると思ってたよ)

・That’s impressive!
(すごいね、さすが!)

「あなたなら出来ると思ってた」
「感銘を受けたよ、すごいねさすがだわ」

というような言い回しです。

例文:

A:I heard that your presentation worked out perfectly. I knew you could do it.
(プレゼンが大成功だったって聞いたよ!さすがだね。)

B:thanks. I did my best!
(ありがとう。本気出した!)

 

「しらなかった」の英語表現

知ってることでもとりあえず言いましょうフレーズ
「知らなかった」

・I didn’t know that.
(知らなかった。)

・I didn’t think of that way.
(そんな風に思ったことなかった!知らなかった。)

・How interesting.
(知らなかった、面白い!)

「知らなかった!」
って言われるともっと教えたくなるしちょっと優越感に浸れるから男性は言われたいはずです(笑)。

例文:

A:I think it’s better to take the bus instead of the train. It’s less crowded.
(バスの方が空いてるからバスで行った方が良いよ.)

B:I didn’t know that! Thanks.
(知らなかった!ありがとう。)

 

「すごい」の英語表現

日本語でも使用する人が多発中のモテフレーズ
「すごい」

・That’s great.

・Awesome.

・That’s amazing.

全て「すごい!」という意味で使われます。

例文:

A:I’m starting my business from next month.
(来月から自分のビジネスを立ち上げるんだ.)

B:Seriously? That’s awesome.
(本気で?すごい!)

「センス良いですね」の英語表現

このリアクション、私は一番嬉しいかもしれません。
「センス良いですね」

・You have a good taste.
(センスいいね。)

×sense
○taste

※重要※
センスいいですねのセンスは英語ではtasteという単語を使います。

例文:

A:You have good taste in clothes.
(服のセンスいいよね)

B:Thanks! That’s the happiest compliment.
(ありがとう!一番嬉しい褒め言葉だよ。)

「そうなんですね」の英語表現

かなりカジュアルに日常会話でも使えるリアクションフレーズ。
「そうなんですね」
「そうなんだ」

・Really?(お尻をあげる)
(そうなんだ!)

・Really.(語尾が上がらないver)
(そうなんだね。)

この英語表現は語尾の音程の違いで
驚き混じりの「そうなんだ」と落ち着いた雰囲気で相手の話に頷く「そうなんだね」の違いを表現出来ます。

例文:

A:That’s why I chose this job. I wanted to help my mom.
(だからこの仕事を選んだんだ。お母さんをサポートしたくてね。)

B:oh Really. That’s sweet of you.
(そうだったんだね。優しいのね。)

「たしかに」「なるほど」の英語表現

「たしかに」、「なるほど」を英語でなんて言うの?

相手の話に同意したり
「私もそう思う」
と言いたい時に使える英語フレーズをご紹介!

・That’s right.
(確かにそうだと思う)

・Exactly.
(確かに間違いない)

・Agree
(同意見です)

・Absolutely.
(絶対にそうだと思う)

・True.
(確かに/正解)

・Definitely.
(確かに/間違いない)

・Uh-huh. 発音としてはアハー(ン)
(なるほど。)

例文:

A:I Think we need to talk to the teacher about Micheal.
(ミシェルのこと先生に話した方がいいと思うんだけど。)

B:Absolutely.
(間違いない。)

相手への共感の「良いね」の英語表現

相手への共感の「良いね」の英語表現

相手が言ったことに対して、
英語で「お!それ良いじゃん〜」

って共感の気持ちを言いたい時のフレーズをご紹介します。

・Sounds great!
(いいじゃん!)

・That’s Nice.
(それいいね!)

・Awesome!
(いいね最高!)

全部「良いね!」
という意味で使えます。

その時のテンションで使い分けてみてくださいね♪

例文:

A:I’m going to Tokyo Disney Land next week.
(来週東京ディズニーランドに行くんだ。)

B:Wow that’s nice! I’m jealous of you.
(まじ!良いな〜羨ましいわ。)

★Jealous=嫉妬する、妬む、羨ましがる

ビジネスで使える「良いですね」の英語表現

ビジネスシーンで使える英語のリアクション、相槌フレーズ

ビジネスシーンで少しフォーマルに相手に共感したい時の英語フレーズをご紹介します。

・That’s a great idea!
(とっても良い案だと思います。)

・Sounds perfect!
(すごくいいですね!)

 

例文:

A:We are thinking of expanding our office all over the world in the future. Globalization is the key right?
(将来的には世界中にオフィスを構えたいと思っている。今後はグローバル化が鍵だろ?)

B:Absolutely. That’s a great idea.
(間違いないです。いい案ですね)

「まじ?」、「嘘でしょ!」など驚きの英語表現

「まじ?」を英語で言うと?英語の相槌表現

私たちも日頃呼吸と同じぐらいのテンションで使う
「まじで?!」
「嘘でしょ?」

の英語フレーズをご紹介します。

・Really?(お尻をあげる)
(ほんとに?)

・Seriously?(お尻をあげる)
(まじで言ってんの?)

・No way!
(嘘だありえないっしょ!)

・Are you kidding?
(冗談でしょ?)

・What?
(今なんて?)

・I can’t believe it.
(信じられない)

・Oh my god! / Oh my gosh!
(えー!びっくり!)

※テキストだとカジュアルにOMGと訳す

※宗教的観点からカジュアルに「神様」と言う言葉を出すことをNGとしている人たちもいるので、OH MY GOSHを使う人も多いです。

全てネイティブもよく使うリアクションフレーズです。
若い子はやたら

”Seriously?”
を使っていますよ♪

例文:

A:Hey Moepi, I know you will freak out but listen. I passed the exam!
(もえぴ、発狂すると思うけど聞いて。試験に合格した!)

B:OH MY GOSH!
(やばい!嘘でしょびっくり!)

例文:

A:Hey Moepi, I have something to tell you. Guess what, I’m quitting my job.
(もえぴに話したいことがある。聞いて驚くなよ、私会社辞めるわ。)

B:Seriously?
(まじで言ってる?)

驚きの表現は会話を一番盛り上げるリアクション だと思うのでご紹介したフレーズを使って英会話を楽しんでくださいね。

海外でネイティブの会話を盗み聞きしてみてください。
めちゃめちゃここに紹介したフレーズを使っているはずです。

「汚い!」、「気持ち悪い」を表す英語表現

「キモい」「汚い」の英語表現

私たちが日頃使う
「キモい!
「汚い!」

などの英語表現を見ていきましょう。

・Ew!
(汚い/気持ち悪い/ヤダ)

・Yuck.
(汚い/気持ち悪い/ヤダ)

・Gross.
(汚い/気持ち悪い/ヤダ)

 

例文:

A:I ate a green caterpillar when I went to Africa.
(アフリカ行った時に芋虫食べた。)

B:Ew!That’s gross!
(ヤダ気持ち悪い!)

That’s +形容詞で英語で感想を伝えよう

“That’s ○○”
で感情を伝えることができるのでvocabulary(単語)を覚えればOKです。

例:That’s amazing.

・すごい
=amazing, cool, awesome

・おもしろい、興味深い
=funny, interesting, hilarious

不思議
=weird

・おかしな話
=nonsense

・ばかみたい
=ridiculous, silly

・ひどい
=terrible, awful

・悲しい、辛い
=sad, painful

まとめ

いかがでしたか?

今回紹介した英語のリアクションフレーズはネイティブもよく使うリアクション 英語頻出フレーズです。

映画や海外ドラマのセリフの中にもよく出てくるので注目しながら観てみてくださいね♪

そして何よりもリアクションは表情付きで大げさなぐらいに表現すると良いと思います◎
外国人は身振り手振りが多いので同じようにリアクションを取るときは表情と身振り手振りをつけながらコミュニケーションを取ると会話が盛り上がるかと思います。

ぜひ紹介したフレーズを使って英会話を楽しんでくださいね。


▼合わせて読みたいおすすめの記事はコチラ▼




世界32カ国から探せる語学留学予約サイトSchool With

英語学習の新定番!スタディサプリ ENGLISH

【Hulu】今なら2週間無料トライアル実施中





コメントお待ちしております^^