英語の勉強ってしたいとは思いつつも、結局三日坊主になっちゃったり、参考書は買ったものの進め方が分かんなくてそのまま放置。「勉強」ってイメージが強すぎてなかなかやる気が出なかったり。そんな風に英語学習にお悩みの方にぜひ、最初のステップとしておすすめしたいのが漫画で英語を勉強すること
歴史物もマンガで学習すると文字だけで勉強するよりもイメージが湧きやすく、継続して楽しく進められますよね。今回の記事ではおすすめの漫画形式の参考書をご紹介します!

私が学生の頃も漫画になっている参考書で勉強していました。いわゆる文字だけの参考書感がないのでとにかくストレスにならないんですよね。いきなり参考書でがっつり勉強をするとなると結構気合いがいるのでファーストステップにはもってこいですよ♪

おすすめの漫画の参考書

①マンガでカンタン! 中学英語は7日間でやり直せる。(学研プラス)

「最大限に楽しく、英語の学び直しができる本」という基本コンセプトで作られている中学英語の復習ができる漫画形式の参考書です。一見「中学英語?レベル低そう」って思うかもしれませんが、英語を話す上で必要な基礎知識をおさらいすることが出来るので土台作りに必要な知識を得ることが出来ます。
何より全編漫画で書かれているのでサクッと1週間で読めちゃうのが魅力!図で解説されているので普通に文字だけで読むよりも圧倒的に頭に入って来やすい英語初級者の方におすすめの一冊です。

②マンガでおさらい中学英語 英文法マスター編(KADOKAWA)

こちらは英文法マスター編。中学で習う英語のベーシックな文法をおさらい出来る一冊。英語を話す上で大事な「関係代名詞」や「現在完了」など、苦手な人も多いであろう文法の勉強を漫画で抵抗なく学べるのでおすすめです。

③4コマ漫画で体感するから話せる英語フレーズ (明日香出版社)

こちらの一冊は、英文法や単語ではなく使える英語のリアルなフレーズがまとまっています。漫画でそれを読むことで想像がしやすくて頭に入って来やすいです。漫画の全てのセリフを完全収録した音声も付いているのでスピーキングの練習にも使えます♪ネイティブならではのニュアンスも勉強したい方におすすめです。

④A peanuts book featuring Snoopy (1) (角川書店)

スヌーピーと仲間たちの会話に癒されるのはもちろんのこと、英語と日本語が一緒に書いてあるので英語が理解出来なくてもすぐに日本語訳が横にあるので英語の勉強になります。キャラクターたちのセリフが英語になっているので、ストーリーを追って内容も楽しみながら読み進めることが出来るので通勤やちょっとした隙間時間にサクッと読めます。
心温まる言葉が数々出てくるので、英語の参考書としても人生のバイブルとしてもおすすめです♪

まとめ

いきなり英語の勉強を毎日するというのはかなり気合いのいることなので、まずは抵抗なく継続出来るようにすることが一番です。毎日触れても抵抗がない漫画だったらそこまで力を入れなくても楽しむ程度に進めることが出来るのでおすすめです。
文章だけで覚えようとした英語の文法やフレーズも絵があることで頭への定着の仕方が全然違うので楽しく勉強出来ること間違いなしですよ♪

▼おすすめの記事はコチラ▼




たった2カ月で伝わる英語が身に付く!【レアジョブ本気塾】

世界32カ国から探せる語学留学予約サイトSchool With


コメントお待ちしております^^